ちょっとしたきっかけでダイエットに成功した男

久田和広は、身長165センチ、体重65キロ、体脂肪率27%、商社で営業の仕事をやっている、いわゆるどこにでもいるような中肉中背のサラリーマンです。
そんな彼は1年前、キックボクシングを習い始めました。
始めたきっかけは、少しお腹が出てきたため、ダイエットをしようと思ったということと、もともと格闘技のテレビ中継を見るのが大好きで、自分でもやってみたかったからです。
ただ、久田和広は非常に飽きっぽい性格であり、本人にもその自覚がありました。
そのため、最初は2カ月でも続けば十分ぐらいの軽い気持ちでした。
しかし、いざ始めてみると、もともと格闘技が好きだったからか、サンドバッグをける快感や、スパーリングの際のスリル感がたまらなくなり、会社帰りに週に5回、欠かさず通うようになりました。
その結果、通い始めてから半年後には65キロあった体重が60キロにまで落ち、1年後には57キロにまでなっていました。
体脂肪率も27%から13%と大幅に下がり、久田和広は見事にダイエットに成功したのでした。