シェアハウスとはどういうものか 簡単に説明します

このシェアハウスというのは、別名をゲストハウスといいます。
ゲストハウスといえば何となく判るでしょうが、ひとつのハウスをたくさんの人でシェアして居住するという、そんな形態のものです。
住む人の国籍は、全く問いません。
短期の契約もできて、1ヶ月からの居住もできます。
契約はとても簡単で、誰にでもできるのです。
さて、現在入居してる人は、20〜30代の若い人たち・外国から旅行で訪れてるバックパッカーと呼ばれる人たちが多くて、まことに国籍など多種多様となってます。
利用してる人の目的はいろいろで、たくさんの人とにぎやかに住みたい・低料金で東京の暮らしをしたい・旅の途中で、次の目的地が決まるまでのネグラが欲しいなどで、どのような目的であっても利用できる宿泊施設なのです。
そして、部屋のタイプは大まかに分けると、独り用の個室タイプ・二人以上が居住できるというタイプの、ドミトリーがあります。
個室の場合はベッド・エアコンが標準装備されていて、自分の家具が持ち込み可能な家具の置いてない部屋もあるのです。
尚、ドミトリーの場合は、プライベートスペースがなくて、室内へはセキュリティーボックスが備えてあります。
貴重品を収納できますから、大勢で住んでも大丈夫です。