ビジネスを伸ばすサポーターが薬事法ドットコム

薬事法という法律を耳にされたことがあるでしょう。
医薬品や医薬部外品、化粧品等について定めた大変厳しい法律です。
この法律の定めるところで極論すれば、口に入れるものは、食品か医薬品かに分類されます。
この他に保健機能食品という新しいカテゴリーも出来ていますが、これはまた別の機会に説明することにします。
医薬品と認められるには、厚生労働省の認可が必要です。
認可がないものは全て食品であることから、例えばこの商品は脂肪を減らす効能があるといった表現は使うことができません。
薬事法に違反してしまうからです。
このような理由で、企業が商品開発を行い広告を用いて、開発した自社製品をアピールする際に、薬事法の大きな壁に直面するケースが多いのです。
薬事法ドットコムとは、薬事法に詳しいエキスパートをブレインに持つ、コンサルティングを行う会社です。
薬事法に抵触しない方法で、消費者にアピールできる方法を見つけられるか否で、会社の将来に天国と地獄ほどの差が生まれてしまうのです。
折角の商品を広めるための広告が、監督官庁の規制により、何度もお蔵入りになるのでは、開発部署以下従業員の士気はガタ落ちです。
こんな時は悩まずに、薬事法ドットコムに相談してみましょう。
エキスパートに任せれば、道は開けると言うことを実感して頂けるでしょう。