ファクタリングはリスク無く安全な資金調達術

どうしても資金繰りに困りすぐに資金を調達したい、そんなときに取れる手段というのは多かれ少なかれリスクを伴うものです。
真っ先に思い浮かぶのは資金の借り入れと思いますが、期日までの返済は確実に行わなければなりませんし、金利もかかりますし企業の信頼性という面でもリスクがあります。
しかし、未回収の売掛金がある場合はリスク無く資金調達を行うことができます。
それはファクタリングです。
ファクタリングは売掛金の債権をファクタリング会社に譲渡し、それと引き替えに手数料を引いた現金を即座に支払ってもらうことを言います。
未回収の売掛金は回収できるまではキャッシュフローに組み込めませんが、ファクタリングしてしまえばすぐに組み込むことができます。
もちろん実際の売掛金から手数料が減額されることにはなりますが、すぐに現金化できることと貸し倒れのリスクを完全に移転できることの意味の大きさは十分にわかってもらえるはずです。
またファクタリングは貸し借りの関係ではなく、ファクタリング会社に債権を売り渡して契約が完結するため、後々に残るリスクも一切ありません。
借入扱いにならないため企業の信頼・健全性を疑われることもありません。
完全に安全な資金調達術と言えます。