白内障手術について

白内障手術は今、日帰りで行うことができることがほとんどです。
目の状態は手術翌日に回復される方もいらっしゃれば、安定するまでに時間を要するケースもあります。
そのため、術後は安静と点眼薬を使っていく必要があります。
手術は、局所麻酔で行われるので、痛みを感じることはほとんどの確率でありません。
ただ、局所麻酔ですから全身を動かすことができますし、視力もきちんと残っているので術中の様子を見ることができます。
そのため、少し怖いイメージがあるかもしれませんが、顔は絶対に動かさないようにしなければなりません。
両目は楽に開けておくようにしてリラックスした形で臨みましょう。
手術は非常に早く、およそ15分程度で終わります。
また、術後は目をこすったりすると危険ですから、眼帯をして帰宅します。
こするだけではなく、眼を押さえたりして圧迫するようなことがあってはなりませんので注意するようにしましょう。
眼は1週間ほどは傷口が完全にはふさがっていない状態なので危険なのです、
手術翌日に、通院することになるのですが、翌日になるまで眼帯を外してはいけません。
手術当日はお風呂に入ってはいけません。
また、しばらくの間はお風呂に入る際も目の中に水が入らないように注意する必要があります。
http://matubaracl.com/cataract/