たまには小説について少し紹介します

このところ、あまり寝ていない會田大輔です。
というのも、新しい本を買ってそればっかり読んでいます。
小説なのですが、読んでみるとなかなか楽しくてハマります。
活字嫌いという人もいると思いますが、良い小説は文字だけで景色だって何だって簡単に想像することが出来てしまいます。

それはさておき、今回は回転するおすし屋さんではなくて、回転しないおすし屋さんに行ってきました。
回転しないということもあって、さすがにかなり割高ではありました。
ですが、それだけあっておいしいと思えるものにめぐり合うことが出来たのです。
実際、マグロのネタでもとても大きいものでしたし、何よりも味がはっきりとしているところがありました。
それに、溶けるくらいに柔らかいところがありました。
あまりにもびっくりしたのが、もっと高いのではないかなって思えるようなところがありました。
ただ、やっぱり金欠になってしまいそうですから、こういうお店にはたまにいこうかなって思いました。